• HOME
  • 退職代行Q & A
  • 退職代行で離職票は必要になるの?書き方や退職証明書との違いなど

退職代行で離職票は必要になるの?書き方や退職証明書との違いなど

退職代行で離職票は必要になるの?書き方や退職証明書との違いなど
退職代行Q & A

退職代行を利用した場合、気になる事として事後の書類関係の手続きがあるかと思います。

すでに転職先が決まっている人であれば問題ないですが、多くの方は一定期間、失業保険の給付を受けるかと思いますが、その際に必要になるのが離職票です。今回は、退職代行を利用した場合の離職票についての疑問点を解消するための解説をしていきます。

離職票は送られてくるのか?何か問題やトラブルはあるのか?注意点はあるのか?など、気になる点について深掘りしてきますので、ぜひ参考にしていただけると幸いです!

退職Bestで選んだおすすめ業者3選

退職代行jobs|業界初!セラピスト弁護士のカウンセリング付き

∟ 安心の24時間電話サポート
∟ 費用:29,800円 (全額返金保証つき)

 

退職代行「SARABA」|労働組合だからできる会社交渉も可能!

∟ 有給交渉/退職金/未払い給料の交渉/24時間対応OK
∟ 費用:27,000円 (全額返金保証つき)

 

退職代行ニコイチ|業界No’1の実績!17,000人退職率100%

∟ 創業14年の信頼、全額返金保証つき

∟ 費用:27,000円 (弁護士監修付き)

離職票とは?何のために必要になるの?

離職票とは、『会社から離職しましたよ』と社会的に証明をするための公的な書類です。そして、退職後にハローワークで手続きをする基本手当(次の職につくまでの一時手当=失業保険、失業給付金)の受給に必ず必要になる書類です。

一般的に、退職後に失業手当を受け取りたい場合は、退職前に会社に離職票の発行を申し出するのが基本ですが、退職代行を利用する場合は、業者が代行してくれるので、本人は手続きをしなくて大丈夫です。

離職の際に、すでに転職先が決まっていたり、そもそも受給を考えていない人は特に必要のない書類です。また、とくに転職先に共有されたりする書類ではありません。

 

 

離職票には2種類ある

離職票は「雇用保険被保険者離職票―1」「雇用保険被保険者離職票―2」の2種類に分かれます。簡易的に「離職票―1」「離職票―2」と呼ばれ、それぞれ以下のような内容が記載されます。
  • 「離職票―1」→ 雇用保険の資格喪失の旨
  • 「離職票―2」→ 離職日以前の賃金支払状況と離職理由

失業手当の申請をする場合には「離職票―1」「離職票―2」をセットでハローワークに提出する流れになります。

 

 

離職票発行の流れ

本来、発行の流れとしては、まず会社がハローワークに必要書類を提出し、ハローワークから会社に離職票が交付されたら、会社が退職者に送付するという手順を踏む必要があります。

ただし、退職代行を利用の場合、業者が会社へ離職票やその他必要な書類の送付・発行手続きを行うため、利用者が何か特別なことをする必要はありません。ハローワークが発行するまで一定の期間を要しますが、待っていれば問題ありません。

離職票が届いたら、ハローワークに行き失業手当受給の手続きを行います。申請の際には、離職票のほかにマイナンバーが分かる書類、身分証明書、印鑑、写真、通帳などが必要になります。

BEST

本来、ハローワークに提出する離職証明書は、退職日の翌日から、10日以内と定められていますので、急ぎましょう。
会社から退職者への郵送に時間がかかる場合もあるため、年のため事前に会社へ早めの対応をいただくようを業者へ伝えることをした方が良いと思います。

 

 

離職票のかき方

ここから、退職代行とは直接関係ないですが、失業保険の手続きでハローワークへ行く際の離職票の書き方について解説していきます。

 

「離職票―1」の書き方

離職票―1の画像

※出典元:ハローワーク

前提として、分からないといころはハローワークに電話をしてすぐ確認すると良いでしょう。

退職者が事前に記入する必要があるのは、【求職者給付等払渡希望金融機関指定届】の欄です。ここには給付金の振込を希望する金融機関等を記載します。

※「離職票―1」の上部にある離職者氏名や被保険者番号などは、あらかじめ記載されています。

※【個人番号】の欄は、ハローワークの窓口に行ってから記入しましょう。

 

「離職票―2」の書き方

離職票―2の画像

※出典元:ハローワーク

「離職票―2」の左ページは会社側ですでに記入がされています。(1)退職者は、右ページの【離職理由】横にある【離職者記入欄】の該当箇所に○を付けます。

併せて、(2)【具体的事情記載欄(事業主用)】の内容を確認し、問題なければ【具体的事情記載欄(離職者用)】に「同上」と記載します。

最後に、(3)事業主が○を付けた離職理由に異議があるかないかをチェックし、署名・捺印をしましょう。

BEST

注意が必要なのが、ハローワーク側に記載される離職理由によって、給付される失業手当の金額や支給期間が変わってくることです(場合によって1年以上の給付も可能)。退職代行を利用する場合、イレギュラーな退職理由になる場合もあるでしょう。記載された離職理由に異議がある場合は、ハローワークに相談することをお勧めいたします。

 

 

もし離職票を無くしたら再発行はできる?

万がいち離職票を無くしてしまった場合は再発行することができるのでご安心ください。前職の会社に依頼することもできますが、退職代行の場合は追加費用が発生する可能性もあるため、直接ハローワークで再発行を行いましょう。

素早く再発行するためには、自分の住んでいるエリアではなく前職の会社の住所を管轄しているハローワークに依頼したほうがスムーズでしょう。

 

 

離職票と退職証明書の違いについて

離職票と似たような書類として「退職証明書」があります。退職証明書とは、会社を退職した事実を証明するための書類で、退職者から申請があった際に発行されます。

離職票が国から発行される公的な文書であるのに対し、退職証明書は会社から発行されるため公的な文書ではありません

 

 

退職証明書が必要になるのはどんな時?

退職証明書が必要になるのは、大きく分けて次の2つのタイミングです。

①転職先企業から提出を求められた場合
退職証明書は、次の転職先の企業から提出を求められることがあります。転職先企業は、退職証明書によって、退職時期や退職理由をはじめ、複数企業に所属していないか、社会保険加入のため前職での被保険者資格を失っているかなどの情報を確認します。

 

②失業手当や国民健康保険の申請時、離職票が手元にない場合
失業手当や国民健康保険の加入手続きなど、離職票が必要だがまだ届かないといった場合には、退職証明書を代わりに提出することで手続きを進めることができます。

退職証明書の提出予定が特にないという場合でも、今後必要になる可能性もあるため、退職の際に会社に申請し、発行しておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

離職票は転職先への移転のために必要というよりは、転職までの期間の失業手当の受給手続きのために必須の書類だということがご理解いただけたかと思います。
再発行はできますが、適切な期間内に手続きをしないと受給を拒否される可能性が高いため、一度受け取ったらしっかり保管するようにしましょう
ここまでお読みいただきありがとうございました。退職代行BESTはあなたの理想の退職を応援しています、他の記事も参考にしていただけると幸いです。
退職Bestで選んだおすすめ業者3選

退職代行jobs|業界初!セラピスト弁護士のカウンセリング付き

∟ 安心の24時間電話サポート
∟ 費用:29,800円 (全額返金保証つき)

 

退職代行「SARABA」|労働組合だからできる会社交渉も可能!

∟ 有給交渉/退職金/未払い給料の交渉/24時間対応OK
∟ 費用:27,000円 (全額返金保証つき)

 

退職代行ニコイチ|業界No’1の実績!17,000人退職率100%

∟ 創業14年の信頼、全額返金保証つき

∟ 費用:27,000円 (弁護士監修付き)

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事 も読んでいます

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事